某教団破門歌集

〜 歌よ、安らかに眠れよ 〜

えんたろうつうしん表紙へ


みなさんもたぶんご存じの あの某教団
家に子供連れでまわってきては 「聖書からの良いたよりを......」 とか言い出す彼ら。

私も幼い時分、母親に連れられてこの教団の集会場 (O国会館。あ、そのまんまやんけ) に通ったものでした。
結局 私は、流血の重罪を負った聖書の神を信じることができず、教団を離れました。
ころころ変わる教理、古文や英語の先生もビックリの直訳式聖書に嫌気が差した、という理由もあります。

しかし、なんといっても、1984年 [昭和59年] に突如、彼ら独自の賛美歌のうち 12曲が
ポア、もとい、削除された経緯に非常な不透明さを感じたのです。

ここに、その破門された 12曲を公開し、その鎮魂を行ないます。


< 削除の経緯 >

1983年 [昭和58年] 夏の大会で、
「現在使っている賛美歌集に、一部信者の作品でない曲が混じっていた。目下、新しい賛美歌集を編纂中である。」
との旨、発表あり。
(注: この教団では、1966年版以降の賛美歌集では、信者以外の作品を載せない方針を採っている。)

翌 1984年 [昭和59年] 、まず英語版の新賛美歌集がお目見え。日本語版は同年 11月に発行された。

新旧賛美歌集を比較した結果、12曲が削除されたことが判明。

後に教団の機関紙上で、
「信者があまり一般に知られていない曲を耳にし、後で歌を作る際にその曲をふと思い出し、自分が作曲したと錯覚したものと思われる」
との旨の釈明あり。

しかし、元々何という曲だったのか/作者が誰だったのか は、全く明らかにされませんでした。
それに、17年間 (1966年 〜 1983年) も歌われていたのに、突如そんな事実が判明した、っていうのも妙な話ですね。


資料ページ
某教団賛美歌の歴史を野次馬する頁 2009.09.17 更新

↑ 1928年版・1944年版・1950年版歌集など、古い歌集の資料はこちらでどうぞ。

新しい歌集が登場したので、またたくさんの歌が消えそうです。


< 目 次 >

ご注意! ブラウザーによっては歌詞が正常に表示されないことがあります。

< 出 典 および 著作権 >

ものみの塔聖書冊子協会発行、 『心の調べに合わせて歌う』 (Singing and Accompanying Yourselves with Music in Your Hearts) (旧邦題:『心に音楽をかなで・・・歌いつつ』 1966年英文初版、1968年邦文初版、1981(?)年邦文改版、現在絶版)

-------------------------------------

著作権は、ものみの塔聖書冊子協会が有していたようですが、破門された歌の場合はどうなのでしょう?
そもそも、本当の作者名も公表されていません。

だれかがねじ込んでくるまで、公開を続けます。

-------------------------------------

極貧 MIDI はピアノ Only。伴奏はほとんど元の楽譜そのままで作成しています。

PDF 楽譜をご覧になるには、Adobe Acrobat Reader(無料ソフト)が必要です。
お持ちで無い方は、雑誌の付録CDか、 Adobe 社のページから入手してインストールしてみてください。


えんたろうつうしん表紙へ


Entaro NAGATANI, 1998-2016.
ご意見はこちらまで

なお、私は現在、「ものみの塔」 とは一切関係ありません。母と妹二人(既婚)と弟は信者ですが......。いまさら彼女らを救い出すつもりもありません。